民族藝術学会について

 民族藝術学会は、1984年4月4日に設立された学術研究団体です。
 学会では、毎年4月に開催する総会・大会、年1回の学会誌の発行をはじめとして、大阪事務所では年4回の研究例会を、東京事務所では年3回の研究例会を実施し、さらに年2回会報を発行しています。
 現在、正会員・賛助会員など約520名の会員によって、民族芸術に関する基礎的研究と多様な表現活動が行われています。
 ことに、専門分野を異にした研究者同志の交流により、研究領域の広がりと深化が進むなか、日々新しい知見が齎されるようになり、2003年4月には「木村重信民族藝術学会賞」が創設されました。


民族藝術学会事務所
〒560–8532 豊中市待兼山町1–5
大阪大学大学院文学研究科芸術学・芸術史講座内
TEL 06–6850–5120
FAX 06–6850–5121

東京例会等に関する事務は東京事務所で取り扱っています。
〒112–8610 東京都文京区大塚2–1–1
お茶の水女子大学文教育学部音楽科内
TEL&FAX 03–5978–5279(音楽科助手室)