第160回研究例会「アラスカ先住民の口承文芸と舞踊」 2021.7.31(土)オンライン開催

日時:2021年7月31日(土)13:30~15:30

場所:オンライン開催

参加申し込み: コチラ より7月25日までにお申し込みください。例会前日までに Zoom のリンクをお送りします。

テーマ:「アラスカ先住民の口承文芸と舞踊」
今回は、アラスカ先住民の無形文化財として口承伝承とダンスに焦点をあわせて紹介するとともに、彼らの視点からそれらの意味と重要性を検討する。

  

プログラム

13:30~13:40 趣旨説明および講師紹介

13:40~14:30  林 千恵子(京都工芸繊維大学)
「口承物語の意味と重要性―アラスカ先住民トリンギットの場合」   要旨

14:30~14:40 質疑応答

14:40~14:50 休憩

14:50~15:40  久保田 亮(大分大学)
「伝統ダンスにみるアラスカ先住民の歴史・自然・社会」  要旨

15:40~15:50 質疑応答

15:50~16:20 全体に関する質疑応答